« スピラ・ミラビリス劇場 | トップページ | Wの予言 »

2005/12/19

絶対運命黙示録

昨日のレポの続編です。

千里セルシーでのイベント終了後、モノレール~阪急を乗り継いで京都へ。阪急では新型の特急車両に乗車できました。新型車は綺麗でよいですね。
ハロショ京都へヒサブリに立ち寄った後、地下鉄に乗車して京都駅へ。

P1000230
京都駅室町広場のステージはこんな感じで、ステージの裏に巨大なクリスマスツリーが設置されていて凄く綺麗でした。
うちが会場に到着したのは開演40分前だったのですが、ステージ前の小さな立ち見枠の中はすでにヲタでいっぱい。会場に流されているHINOIの曲に合わせて踊り狂ってました(>_<)。
ステージ前の大階段の方はまださほどの客でもなかったので、正面中央3段目あたりの良席を確保。階段にじかに座ると冷たかったので、持参したブランケットをひいて待機。

しばらくすると、ステージに私服(?)姿のコリッキーとHINOIの面々が登場してリハを始めます。その頃から客もどっと増えて大階段はかなり上層のほうまで人でいっぱいになってました。なんかコリッキーがいろいろ言って客を煽っていたようですが、うちはあまりにキャワいい桂花に完全ロックオン状態だったのでw、コリッキーや他メンが何やってたんか全然気づかないままにリハは終了。

17時から本番が開始されましたが、内容はさっきの千里セルシー会場とほぼ同じ。
途中、粉雪が舞ってきて、ステージ後方のツリーと合わさり寒いけどなかなか幻想的な風景でした。(だって、キラキラ輝くツリーの前で粉雪をまとい、マントをなびかせて半裸で踊るコリッキーですよ!ある意味幻想的でわw)

公演終了する頃には日もとっくに落ち、かなりの寒さだったのですが、元気にHINOIメンバーとコリッキーは握手会に突入してました。うちも何故か握手券を2枚持っていたので、握手を2巡。ここではコリッキーとはハイタッチに留め、HINOIチームでも里奈、明日香、ひかるとはいい加減に握手して、桂花に全力投球w。中盤に並んだ1巡目で
はそれなりに話して、それなりな反応。握手列の途切れ際に並んだ2巡目は後ろのヲタがひかるヲタだったので、申し合わせて桂花前で長めに停止(笑)。しっかりウケをとって良反応をもらったのでした。冷静に考えたら中学生相手に何やってんだか・・・・(^^;

しかし、それにしても桂花はキャワいいなぁ・・・。まだまだこんな激キャワな子がいるなんて、芸能界は広いものです・・(>_<)。

HINOIチームは年明けのうたばんに出演するそうで、メンバーは嬉しそうに語ってました。
ですけど、うたばんのMC2人は芸人ばっかし相手にするんで、どうせコリッキーばかりが取り上げられるんだろうなぁ。。。(>_<)。
今日の「ちちんぷい」(関西ローカル番組)では、この日のセルシーでのイベントの様子が流れてましたけど、ほとんどが小力のカットばかりでしたし、当日観に来てた客のほとんども小力目当てでしたからねー。
違う。何かが違う・・・・と思ったのでした(>_<)。

ちなみに、ここでメンバーの当日の感想が読めるみたいです。

|

« スピラ・ミラビリス劇場 | トップページ | Wの予言 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対運命黙示録:

« スピラ・ミラビリス劇場 | トップページ | Wの予言 »