« 2006年6月 | トップページ

2006/11/01

我々℃-uteヲタにできること

11/1、汚い大人の手によって、1人の少女の夢・・そして、一生懸命築き上げてきた、かけがえの無い場所が無残に壊されました。

今、我々℃-uteヲタにできる事はなんなのか・・。

残されたメンバーの動揺、悲しみ、憤りは察して余りあります。

それに対して、我々ヲタは何ができるんでしょうか?
所詮、我々は一介のヲタ。
見守ることしかできない?
応援する事しかできない?

・・・・いいえ。違います! 
見守ることができるんです。
応援することができるんです。


℃-uteメンバーはわずか2日後には涙を笑顔に変えてイベントをしなければなりません。
何事もなかったかのようにヲタと握手せねばならないのです。
それは小中学生でしかない彼女たちにとって、なんて残酷で辛い事でしょう。

しかし、裏を返せば、それは我々ヲタが彼女らに力を与える事ができるという事なのではないでしょうか。

もし、辛そうな彼女たちの顔を見たくない・・・だからイベントに行きたくない。

もう、めぐはいない・・・だからイベントは回避する・・・

と考えている人がいたら・・・・。
・・・・お願いですから、考え直して欲しい。

こんな時、こんな時だからこそ。彼女たちに恩返しがしたい。

今までたくさんの幸せと思い出と笑顔を届けてくれた彼女たちに、今度は我々ヲタが返す番。

本当に笑顔で楽しめる人なんかいない、本当にはしゃげる人なんていない・・・・そんなイベントになるかも知れない。
だけど、だからこそ。
うちらヲタが前を向かないでどうするんですか!

そして、誰よりも辛いはずのめぐ。
めぐが夢見て、愛し続けた℃-uteとしての活動・・・
それを悲しい想い出で終わらせたくはない。

もう次のイベントにめぐは出ないかも知れない。
でも、「こんなにも多くのファンが℃-uteを、そしてめぐを愛していたんだ」という『想い』は他のメンバーを通して、きっとめぐに届くはずです。

最後に、ほんのちょっとでも暖かい想い出をめぐに残してあげたい。

我々、真剣に℃-uteを応援するヲタの気持ちが、STKなんかに負けるはずが絶対にないはず。
あってたまるものか!

めぐの出演がたとえなくても、次のイベントがめぐの卒業公演です。
見守ってあげましょうよ。みなさん・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ